“木”という地域資源を活かし
今まで地域に無かった価値を創造する

はじめまして。

南三陸YES工房代表理事の大森丈広です。

私たちは2011年に発生した東日本大震災後、南三陸町住民の「雇用」と「交流」の場づくりを目指し、立ち上がりました。

その中でYES工房のモノづくりは、南三陸名産のタコをモチーフとした合格祈願の縁起物『オクトパス君』の製作の再開からはじまり、南三陸の養蚕の歴史と文化を伝える『まゆ細工』の製作、そして南三陸町の森林資源の利活用をかかげた『木製品』の製作まで広がりました。

漁業が基幹産業である南三陸町ですが実は面積の約8割を森林が占めています。

町内で降った雨は森林の栄養分を蓄え、そのほとんどが町の海へと流れ込み、豊富な漁場を形成している、ということを震災後改めて知り、同時に森林保全の大切さと国内における木材産業の現状も実感しました。

モノづくりや体験プログラム、そしてそれらを通じた人が集まる場づくりや学びの場づくりなど、今までの南三陸には無かった方法での、という地域資源の利活用。

南三陸町の未来を担う、地域の子どもたちへ。

また、町外から訪れる学生、大人の方々へ。

まだまだ出来ることは限られていますが、YES工房だからこそ出来る方法で、南三陸の森林資源に関して発信していきたいと思っています。

今後のYES工房の取り組みをぜひお楽しみにお待ちください。